しわ・たるみを除去する

しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

日々の洗顔やスキンケアの積み重ねが、しわやたるみの予防に効果を発揮します。マッサージをしてお肌の代謝を活発にしたり、食事内容を工夫して肌にいいものを摂ることも、しみやたるみ対策としては有効です。紫外線量は四季の変化によっても変わりますが、紫外線対策は冬でも雨天時でも行うよう心がけましょう。以前は日焼けした肌は健康的であると見られていましたが、今は紫外線は肌の大敵と見なされています。強い紫外線を受けた肌は細胞が破壊されて、肌を傷めてしまうので、避けたほうがいいといいます。お肌に紫外線を受けると、そのせいで色素沈着が起きたり、肌の水分が失われてしまうからです。普段から、洗顔ケアをしっかりと行って、洗顔後のスキンケアで皮膚を保湿することが、肌を紫外線から守ってくれます。クレンジングの際に、化粧汚れを落とそうとして強くこすると皮膚を痛めますので、クレンジング剤を皮膚の上に塗り広げます。泡を皮膚の上で転がすような感覚で、皮膚を指で摩擦しないように注意をしながら、手早く洗うようにするといいでしょう。必ず水を使うのもポイントで、お湯では顔の皮脂が剥がれすぎて、肌が乾燥しやすくなり、かえってしわやたるみの原因になります。洗顔が終わったら、皮膚がまだ湿っているうちに化粧水をふんだんに使って皮膚に浸透させ、乳液でフタをします。紫外線の影響で乾燥しているお肌でも、正しい洗顔とスキンケアを行うことで、皮膚に必要な水分を補ってあげることが可能になります。