しわ・たるみを除去する

しわやたるみは加齢だけが原因ではない

皮膚にしわが刻まれたり、たるみが目立つようになるのは年齢が主な要因になっていると考えているような人もいます。しわやたるみが出来てしまって後悔しないためにも、毎日のスキンケアを欠かさないようにしましょう。しわやたるみはストレスや間違ったスキンケアも原因となり、紫外線を浴びたことによる肌へのダメージや肌の乾燥は、年齢には無関係です。歳月の経過は全ての人に同じく訪れますが、ストレスや紫外線、スキンケアのやり方などで肌のコンディションは変わります。できてしまったたるみやしわについては、成り立ちや、原因を突き止めて、適切な対処ができるかどうが大事です。お肌の水分不足が原因で、皮膚のハリがなくなって自重でしわができるようになったり、表情の癖が眉間や目元のしわになったり、皮膚の薄い部分にちりめんじわができたりします。表情筋の動きでできるしわは、スキンケアを特に念入りにしましょう。小じわは、乾燥予防をすることで、弾力を取り戻します。肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチン、保湿成分のヒアルロン酸は年齢と共に減少するだけでなく、紫外線やストレスによっても破壊されます。たるみの原因もしわと同じですが、表情筋によるたるみは表情筋トレーニングで回復が可能です。年をとると皮膚がたるむのは、肌の一番外側にある角質層が乾燥に弱いために、水分を補っても弾力が戻りにくいために、垂れ下がることが多いためてす。角質層のハリや弾力は、肌の乾燥によって失われます。ストレスや、紫外線の影響、不健康な生活が肌の乾燥を悪化させます。お肌のしわや、たるみをできるだけつくらないためには、紫外線から肌を守ることや、規則正しい生活を送ることが重要です。